2021/05/09−20:32 JST:GMT+9:00)


「ただいま工事中(仮)!!」改メ
title「青朱白玄」
このロゴは 黒川春姫さんの御好意によって作られました。

[青朱白玄について]
(サイトの説明、リンクなどの注意事項です。必ず一度は目を通してください。)

(リンクはindex以外遠慮してください)


現在、
からむこらむ」「Virtual Machines」「かれいどすこーぷ」「一般リンク集その1その2その3科学系リンク集
そして、更新情報など下にある
「愚痴、日記、あるいは更新履歴」

で成立しています。
ここは、「自宅療養の気晴らしと個人的な実験」で運営し始め、
「家人に秘密のまま」「気ままにゆっくりと」手打ちで更新しています。
何か「足跡を残そう」と思いましたら、「ゲストブック」(現在停止中)に書き込んで頂ければ幸いです。
地味なサイトですが、よろしくお願いします。

管理人にメールを送りたい方へ

(検索エンジンで引っ掛かったキーワードの内容照会はゲストブックかメールでどうぞ)


Ping−Pong Dash!

[押し逃げしにいく] [Stat.]

・気ままに更新
管理人のお奨めの一曲

・2004/10/25 「Danny Boy」(「The Turning of The Tide」(オーマガトキ)/Aoife)

 アイルランドの代表的な歌。北アイルランドのデリー州に伝わる歌であり、「ロンドンデリー・エア」と言う曲だったとされる。数多くの歌手がカバーした曲であり、歌詞もバリエーションが多いが内容としては「故郷を去る息子を思う母親の歌」である。この歌詞は1913年、イングランド人のフレデリック・エドワード・ウェザリーによってつけられたらしい。
 映画「Family Business」のラストで歌われるシーンを見てから何となく気になり続けた(映画本編はある意味どうでも良い内容であったが)曲であり、調べてみたところAoife(「イーファ」と発音する)の物が良いと言う話を聞いて購入した。スタンダードナンバーではあるが、それ故に実力が無いと難しいと言える。
 Aoifeが落ち着きのある声で歌い上げるこの曲は、いくつかのバリエーションの中でもかなり良いものであるだろう。
 なお、CDは全てカバー曲であるが、良いものが多い。落ち着いたものが聞いてみたい時にはお勧めをしておく。



過去の分

・愚痴、日記、あるいは更新履歴
過去の分


2021/05/10
 さて、昨日はマイペースな一日となりましたかね。
 朝は7時半頃に起き出しましたけれども、なんとなくまだ微妙な感じで起床となりまして、また寝るのかなぁ、などと思いながら朝のコーヒーを啜りつつまずは仕事をしていましたか。まぁ、思い立ったらやっておこう、というのがあるわけですけれども。仕事の方は面倒さはありましたが、どうにかでも無事に終わりましたかね、はい。
 そしてその後はしばらくゲームやらやって過ごし、11時を回って食事をとってから一息ついて自室へ。少しうだうだとやってから1時間半ほど寝ていましたかね。
 その後は映画を一本見ていまして、見終えてからはのんびりとやっていましたかね。
 思ったよりはマイペースで過ごした一日だった感じです、はい。

 そして昨日は晴れた一日でしたけれども。
 朝からよく晴れていましたけれども、風が強く吹いていましたか。気温は高く、昼に向けてぐんぐんと上がっていきましたが、乾燥しているためか日陰にいるとあまり暑さは問題になりませんでしたかね。そして窓を開けるとちょうどよい感じでして、風がやたらと強いところを除けばそれなりに過ごしやすい一日となりましたか。その風も夕方前頃からは落ち着いてきましたけれども。
 ま、気温は高くとも過ごしやすいのは良かったですけれども。2ヶ月後には湿度でひどいことになるんでしょうね.......あぁ、やれやれです。

 で、見ていた映画が「戦争のはらわた(Cross of Iron)」。
 1977年/133分/西ドイツ=イギリス合作。監督:サム・ペキンパー、原作:ウィリー・ハインリッヒ、脚本:ジュリアス・J・エプスタイン、ウォルター・ケリー、ジェームス・ハミルトン。シュタイナー役にジェームズ・コバーン、シュトランスキー大尉役にマクシミリアン・シェル、ブラント大佐役にジェームズ・メイソン、キーゼル大尉役にデヴィッド・ワーナー、エヴァ役にセンタ・バーガー、クリューガー役にクラウス・レーヴィッチ。
 ストーリー:1943年、ロシアのタマン半島から撤退したドイツ軍はクリミア半島へと撤退していく。その最前線にブラント大佐のもとに着任したシュトランスキー大尉は、フランスから志願して東部戦線へとやってきた将校で、プロイセン貴族の富豪であり、志願の目的が鉄十字賞がほしいからという人物であった。そしてその部下となった偵察第2小隊を率いるシュタイナーは、的確な指揮能力と戦闘能力を持ち部下からの信頼の厚い人物であった。しかしシュトランスキーとシュタイナーの折り合いは悪く、そんな中で戦況はドイツに取ってどんどん悪化していく.......
 ということで、サム・ペキンパーの作品が見たいなぁ、と思って買った一つですが。
 いやぁ、すごいですね。話のえげつなさがまず一番。シュトランスキーがまず名誉欲に執着した前線のことがよくわからない貴族様、という一方で常時最前線で部下からも上司からも信頼の厚い叩き上げの軍人であるシュタイナーとのがまず合うわけがない。そして1943年の東部戦線ですから、ハリコフやツィタデレ作戦とかやっている時期の、状況の悪化が深刻になってくる頃の話ですから、当然明るい話題がない。その中でシュトランスキーから邪魔者扱いされるシュタイナーとその部下ですから、本当にまぁ......えげつない。
 そしてそのえげつなさをうまいこと見せるのが映像ですが。
 この人の映像は破滅的であるほどどこか「美」があるというか、狂ったところがあるほど魅せてくれるのがもう、なんというか。 スローモーションとコラージュの組み合わせが実によくできているというか。でも、狂っているんですよね......破滅に向かう映像美がある人ですけれども、いやぁすごいなぁ、と。
 そしてこの組合せの上で役者が良い。ジェームズ・コバーンはどこまでも「眉間にシワの寄った職人」みたいな感じで叩き上げを見事に演じていますが、その女房役であるクリューガーを演じた人が個人的にはまた良い。そして、どうしようもないシュトランスキーがまたまぁ、憎まれ役として実によろしく、その上で狂気と正常の間に立つ司令部のブラント大佐とキーゼル大尉の二人がまた良い味を出してくれるというか。ブラント大佐の「貧乏くじ引いた」感じのどこか人の良い感じが個人的には好きだったりしますけれどもね。
 個人的にはかなり集中して見れたのが良かったですかね。
 あと、細かいところもこの作品はなかなかおもしろいというかすごいものがあるんですが。この作品で初めて知ったのが、我々の知る童謡「ちょうちょ」ってもとはドイツの童謡なんですね......オープニングで歌っていましたが。調べると「幼いハンス」という歌だそうで。なかなかなんというか.......
 あと、なかなかすごいのは火器類やら兵器が当時のものですかね。T-34-85とかカラーでガッツリ動いているのを見るのは初めてでしたが、これ見ると戦車ってのは恐怖ですね、本当......塹壕を乗り越え、塀やら壁はぶち壊してやってくるわけで。歩兵に勝てる要素はそりゃないわ、と。モシン・ナガンやKar98なんかもありましたし、PTRSもありましたね。ドイツ兵がソ連兵のPPSh-41を奪って使うのは実際に戦場ではよく使われたと言われていますので、なるほどと。ここらへんの兵器やら武器はパッケージによると多分ユーゴスラビア軍のものだそうですが。すげぇなぁ。
 ま、個人的にはおすすめできますけれども。えげつない、というのとペキンパー作品ですのでスッキリとしたなにか、は期待しないほうが良いでしょうか。
 そういう意味では「わかっている人」にはおすすめできる作品と言えるでしょうかね。

 あとはゲームは相変わらずApple Arcadeの「百鬼魔道」をやっていますけれども。
 主人公のうちの二人のレベルが低いのもあって、なんとなくでこの二人で最初から途中まで周回させていたりやらしていましたけれども。まぁ、結局武器やら仲間やら妖怪やらのレベルアップをしていかないと気がすまないというだけなんですがね.......このためにあまり話が進まないというのがなんとも、ですが。
 まぁ、これはちまちまとやる形でいいかとは思っていますけれども。
 とっととストーリー終わらせたほうが良いかなぁ......

 ま、こんなところで以上で締めるとしますかね。
 さて、今日は南の方を東へと移動性高気圧が移動していくようで。北の方は一部低気圧の影響が出てくるようですね。このために北陸や、北の方では雲が多くなるようで。沖縄の方は梅雨模様ですかね。それ以外の地域はだいたい晴れるようで。関東地方は晴れるものの、夜になると不安定化して雨が振りやすくなるところがあるようで。東京で25/14という予報ですか。
 まぁ、日中は暑くなりそうですかね。

 さて、今日から一週間が本格化。
 とりあえず、今日からしばらくは「イベント」絡みであれこれと動きが変わりますが......本当にやるのか、とコロナの情報を見ていると思っていますので、場合によっては振り回されることになりそうですかね、はい。ま、とりあえず今日は今日で忙しくなる予定ですが......さて、どうなることやら、というところもあります。
 いやはや.....ま、無事に終わることを願いますがね、はい。

 ということで以上で。
 また、後日......
BR>

2021/05/09
 個人的メッセージ
 さて、昨日は休養の一日でしたかね。
 朝は6時過ぎに目が覚めてしまいまして、なんかまぁ、と思いながら起床しましたけれども。なんでか背中、特に肩甲骨周りがかなり深刻にバッキバキでして、一息ついてからはしばらく伸ばしたりしていましたかね......でも、なんかしんどい。
 で、その後は「いつもの土曜日」ということでマッサージ屋さんへ行ってきたんですが、思った以上に疲労していたのかほとんど寝ていまして。ただ、バッキバキだった部分は良くなっていたので、総じて楽にはなりましたか。
 その後は買い物を少ししてから帰宅したんですが、夕方までダウンしていまして疲労がドカドカと。そして夕方に起き出してからはApple Arcadeの百鬼魔道やらやって過ごしていましたかね。
 まぁ、基本的にはだいぶのんびりとやっていた感じでしたけれども。それなりに疲れは出てきた感じですかね。
 出きってくれるのが一番良いのですが。

 そして昨日は良い天気の一日。
 朝からよく晴れていましたけれども。空気が乾燥している分だけ過ごしやすさはありましたけれども、日向に行くと結構暑く、日陰にいると全くそこまでではないという一日でしたかね。特に昼間に出ているとだいぶ暑く、格好は夏仕様でちょうどよかった感じでしたか。爽やかさはあったので、それなりに良かったですかね。
 でも、昼間コートを着て歩いている人を見かけましたが.......いくらなんでもきつくないんですかねぇ.......

 で、まぁ疲労回復のための一日でしたけれども。
 Apple Arcadeの「百鬼魔道」はちまちまとやっていますが。ストーリーをとっとと進めればよいのですが、どうにも主人公たちの強化とかそっちに走ってしまってだいぶ回り道状態をやっていますが。このゲーム、強化するには金がいる、ということで「黄金窟」に入り浸って金は大漁に手に入れてみたりしたんですけれども、今度は武器と妖怪の強化に必要なアイテムが不足するようになりまして。
 で、ここに至ってしようがないからストーリーを進めるという色々と本末転倒なことをやっていますが。
 そしてストーリーをやって、サブクエストをやって、クリアーしたらとりあえず先に進めるという感じでやってみたら、多分最終章と思われるところに到達したようですかね、はい。だいぶストーリーの方のステージもいやらしくなってきたというか......事前情報もフォローも無くなってきたので、完全踏破するためには「とりあえず一度プレイして、二度目のときに妖怪を揃える」とかそういう感じでやっていく必要が出てきていますか。
 本当、周回要素が多いゲームだなぁ、と。
 一方でプレーヤーの方はなんというか。敵が強化されていって、これまでの主人公二人(鬼丸と小夜)で慣れてきてしまったのもありますが、あとから入った蓮と道禅が色々と使いづらい。ハマると面白いんですが、敵の挙動を見切る必要がある二人なので、今ひとつ積極的にプレイしていけないところがなかなか。
 ふたりとも足が遅いし......攻撃は強力なんですが、蓮の居合はなんかよくわからんタイミングが多く、道禅は純粋に遅い。ただ、カウンターでうまいことハマると圧倒的な破壊力を持つという点では共通しているんですが、言い換えればピーキーすぎるというか。
 そしてこの二人になれると、別の二人のときのタイミングがなんか狂うという問題もあります。
 いやはや、難しい.......まぁ、ただなんかあったら妖怪の連携技の強力なやつで大体一掃できるので、そこまでピンチでもなんでも無いんですが......ないんですが、強力すぎてすぐ終わるというのもなんか良いんだか難点なんだか。
 まぁ、面白いものですがね。

 それにしてもコロナコロナで騒がしい状況ですが。
 もう全国緊急事態宣言で良いのではないかと思いますけれどもね。こんな状況下でも、色々と「イベント」を強行しようとする中にいると、頭おかしいんじゃないかと正直思っていますので。変なところで引けなくなるのはやめてほしいんですよねぇ、本当。
 そして最近思うのは、「コロナ疲れ」と言い訳しまくる話を見ていまして.......いや、80年代ぐらいまでのSF映画の定番である核戦争後にシェルターに逃げ込んだ人たちを描いたものなんかがありましたけれども。実際にはこういうのは不可能なんだなぁ、ということがわかったというか。「避難疲れ」と称して、放射線が出まくっている世界を「放射線なんか見えないじゃないか」と言ってでかけてしまうのがこういう連中なんだろうなぁ、と。
 と考えると、「METRO」の世界とかはやっぱり難しいんだろうなぁ、と。あれは実によくできていると思いましたけれども(地下鉄の各駅が「国家」になる)、実際にはそうやって地表に出て死んだやつがいっぱいいるんだろうか、と。小説版はほしいんですがハードカバーで入手していないんですよねぇ......だからゲーム版しかわかりませんが。
 ちなみに、核戦争後どれくらいでシェルターから出てよいか、というとだいたい2週間と言われていますか。いくつかの資料、例えば英国の「Protect & Survive」とかではその数値が取られていますね。
 ちなみに、この数値を見て「おかしい」という人もいるかも知れませんが、核攻撃と原発事故は同列ではないので、もしそっちを想起しているのならばお気をつけを.......

 ま、こんなところで以上で締めるとしますかね。
 さて、天気図見ていると南に立派な停滞前線が......梅雨前線ですねぇ。ひと月後にはこの中か、と。そして今日は日本海側から前線を伴った低気圧が通過するため、北陸以北の日本海側では雨となるところが多くなるようですね。沖縄の方は梅雨模様。他の地域は晴れるところが多くなるようですね。関東地方は腫れで、東京で28/18という予報ですか。
 .......日向はかなり暑そうですね.......

 さて、今日は日曜日ですか。
 今日は家で休養です、はい。ただし仕事がありましてそれはやらんとだめなんですよねぇ......1時間ぐらい? まぁ、マイペースで過ごそうとは思っていますが。気づいたら一日終わり、ってのが悲しいですかね。
 ま、ゆっくりとやります、はい。

 ということで以上で。
 また、後日......




Since 1998/12/24

注意:このページの注意事項(リンク・転載・掲載等)は、[青朱白玄について]にありますので、そちらをご覧ください。

このサイトは、miとMac mini(2018)、FireFoxを使って制作しています。
また、Firefoxで動作を確認しています。

(Access to this page is analyzed by"ASPアクセス解析"