2018/08/16−20:48 JST:GMT+9:00)


「ただいま工事中(仮)!!」改メ
title「青朱白玄」
このロゴは 黒川春姫さんの御好意によって作られました。

[青朱白玄について]
(サイトの説明、リンクなどの注意事項です。必ず一度は目を通してください。)

(リンクはindex以外遠慮してください)


現在、
からむこらむ」「Virtual Machines」「かれいどすこーぷ」「一般リンク集その1その2その3科学系リンク集
そして、更新情報など下にある
「愚痴、日記、あるいは更新履歴」

で成立しています。
ここは、「自宅療養の気晴らしと個人的な実験」で運営し始め、
「家人に秘密のまま」「気ままにゆっくりと」手打ちで更新しています。
何か「足跡を残そう」と思いましたら、「ゲストブック」(現在停止中)に書き込んで頂ければ幸いです。
地味なサイトですが、よろしくお願いします。

管理人にメールを送りたい方へ

(検索エンジンで引っ掛かったキーワードの内容照会はゲストブックかメールでどうぞ)


Ping−Pong Dash!

[押し逃げしにいく] [Stat.]

・気ままに更新
管理人のお奨めの一曲

・2004/10/25 「Danny Boy」(「The Turning of The Tide」(オーマガトキ)/Aoife)

 アイルランドの代表的な歌。北アイルランドのデリー州に伝わる歌であり、「ロンドンデリー・エア」と言う曲だったとされる。数多くの歌手がカバーした曲であり、歌詞もバリエーションが多いが内容としては「故郷を去る息子を思う母親の歌」である。この歌詞は1913年、イングランド人のフレデリック・エドワード・ウェザリーによってつけられたらしい。
 映画「Family Business」のラストで歌われるシーンを見てから何となく気になり続けた(映画本編はある意味どうでも良い内容であったが)曲であり、調べてみたところAoife(「イーファ」と発音する)の物が良いと言う話を聞いて購入した。スタンダードナンバーではあるが、それ故に実力が無いと難しいと言える。
 Aoifeが落ち着きのある声で歌い上げるこの曲は、いくつかのバリエーションの中でもかなり良いものであるだろう。
 なお、CDは全てカバー曲であるが、良いものが多い。落ち着いたものが聞いてみたい時にはお勧めをしておく。



過去の分

・愚痴、日記、あるいは更新履歴
過去の分


2018/08/17
 さて、昨日も出かけましたか。
 朝は6時半頃に起き出しまして。まぁ、夏休みが今週で終わりますので。あまりダラダラ生活もできない、ということで徐々に時間を本来の方にシフトさせていっているんですけれども。で、しばらくのんびりとしてから、気も向いたので出かけることにしましたか。
 で、ひとまず有楽町まで出かけまして、出光美術館へ。1時間ほど見て回ってから、今度は日本カメラ博物館へ移動しまして、そこから帰路へつきましたかね。
 その後、のんびりとやっていましたが、途中で気づいたら落ちていたりやらで疲れが出ましたけれども。回復してからは、ゲームやらでのんびりと過ごしていましたかね、はい。
 まぁ、マイペースで動いた一日でした。

 そして昨日は雲が多かったでっすね。
 朝から結構気温が高かったですが。晴れてもいたんですが、風がかなり強く、そして徐々に雲が出てきまして。昼頃には曇り空でして、帰路についた頃には関東地方南部は雲がそれなりに暑くなってきましたかね。なんとなく不安定そうな感じで、実際に夜になって雨がざっと降ったりしましたか。気温はその後下がりましたので、寒気が入ったのかと思いますが。
 「真夏」も少しずつ崩されていくのでしょうかね。

 で、また美術館やら回っていましたが。
 出光美術館では「江戸名所図屏風と都市の華やぎ」という展示をやっていまして。この出光美術館、常設展示がないので毎回何かの特別展示なんですけれども。主に屏風の展示でしたかね、はい。10時半過ぎぐらいに行ってみたところ、解説の人がいて展示案内をしていたおかげで、そっちに人が惹きつけられてだいたい半分ぐらいは人が少ない状態で見ることができましたか。
 ちなみに、解説の人のところにはかなりの人がいまして、「それで作品見れるの?」というレベルでの混み方でしたか。
 で、屏風が主に、ですけれども。扇に貼ってあるものを外したものやら、掛け軸、後は本に絵巻もありますので結構多彩ですが。屏風については、メインの江戸名所図屏風がやはり圧巻というか。八曲一双のものなんですが、2000人ぐらいが書き込まれていて、その上で「止まっている人物」というのがほぼないという、目玉にふさわしい作品でしたか。他にも色々と屏風はあったんですが、個人的には「もうちょい近くに」置いてほしかったですね。細かい絵なので、ちょっと遠いというか。もう数cm近いところに置いてくれるといいのになぁ、と。
 後はまぁ、色々とでしたが。個人的に気に入ったのは2つ。一つは宮川長春の「江戸風俗図巻」。これが巻物に描かれているものなんですが、すごい細かい。非常に細かい。服の柄などが非常に丁寧で、手持ちの花火の描写なども綺麗でしたか。後は山東京伝の「高輪帰帆図/出代り図」。水墨画的な感じで、線の本数は少く、大きな作品ではないのですが。墨の感じと線の感じ、そして迷いなく書かれていてなんとなくぼやっとした感じですが、情景が浮かぶようで良いなぁ、と。
 ま、自分にとって「良いもの」ってのがあるととりあえずは行った価値があるわけでして。ま、良かったですね。
 しかし、この江戸時代の絵もどうやって描いたんだろう、って思うものがありますが。なんというか、技能的なものがわからないのでなんと行ってよいのかはわからんのですけれども。「線の感じ」がよく見ると面白いですね。遠景は淡く、ってのはよくわかりますが。近景やら人物、衣服でのくっきりとした線の細さってのが結構すごいものだと。ものすごい細い筆でやったのか、筆の先端を迷いなく引いたのか。鉛筆みたいな細いような線を迷いなく引いているところがなんかもう、すごいなぁ、と。
 どういう感じでやっていたんだか。

 そして、出光美術館から出るとどこへ行こうか少し悩んだんですが。
 好奇心で行ってみたかった日本カメラ博物館にも行ってきましたか。大きくはない博物館ですけれども。半蔵門駅の出口から(適切な場所から出れば)すぐですかね。なんか、あまり広くない道を通るので少しだけ不安になりましたけれども、まぁわかり易い場所にありましたか。
 場所は建物の地下にあるんですけれども。文字通りカメラの博物館でして、ワンフロアですが、ちゃんと見ていくとこれが結構ボリュームが有るというやつですか。ダゲレオ版から始まりまして、ライカやらコダックベストカメラやら、そして日本のメーカーのカメラの歴史という感じになっていますが、それらのカメラが展示されています。
 まぁ、こんなにあるんだなぁ、と。
 販売時期やお値段もありますけれども。個人的には、昭和24年2月に出たキヤノンのカメラのお値段6万円とか......今だと200万以上というお値段になるかと思いますが.......カメラのレンズがまた昔のは明るいのが多いなぁ、とか色々と。ちなみに、フィルム、銀塩のものも紹介されていますが、「レンズ付きフィルム」やらもありますし、デジカメも紹介されていますね。昔のデジカメ......個人的にはQV-10とかQuickTakeとかは一般への拡大という点では偉大なカメラだと思いますが。それ以前のはあまり良く知りませんので。
 っつぅか、2インチフロッピー使用のカメラってのは実物を初めて見ました、はい。

 ちなみに、2インチフロッピーディスクについては、ネット上で検索すると出てきますけれども。
CRIMSON Systemsというところで記事がありますね。なかなか面白いですが。8インチ、5インチ、そしてQuick Diskなんかもネタになっていますので、興味ある方は。

 で、ゲームなんかもちまちまやっていますけれども。
 最近、Steamで「The Surge」をやってみていたりするんですが。なんか、ルールが良くわからんままやっているんですけれども、ようやくなんとなく、こう「ルール」がわかってきましたかね、はい。アクションゲームで、後で調べてみたらダークソウルの影響を受けて作られたとかいろいろと言われているんですが、ダークソウルやったことがないので、さっぱりイメージがわきませんけれども。
 とりあえず、世界的に有名な企業CREOに主人公が多分就職したんだと思うんですけれども.....ストーリーはオーディオログで拾って理解しろというスタイルのようですので。で、足が不自由な主人公は、CREOでアシスト機能がついた外骨格を身につけるものの、手術がグロ。久しぶりに「うわ」と思いましたよ、これ。そして、目が覚めたら周りは死体だらけ、自分は外骨格のアシストを受けて歩けるようになっているけれども、なんか周りの機械連中が暴走して.....という感じのようですが。
 割とこのCREOがブラック企業っぽい感じなのはわかりましたが。
 戦闘が独特というか、自我があるかどうかわからんものの襲ってくる外骨格付きの作業員やら、ドローンやらを倒して、スクラップやら部品を回収し、自分の武器をこれで補強していって、という感じのようですが。「どんどん奥に進んでいって、ストーリーが展開していく」という感じのものを考えていたんですが、基本的には間違いではないものの「必要に応じて拠点に戻り、パワーアップしたら敵が復活したフィールドのルートを進んで、未探索の地域を広げていく」という感じのようで。イメージ的にはドラクエ1ですかね。補給やらなにやらで城に戻っていく、と。で、戻ってあれこれやって出ると、復活の呪文入力後みたいな感じで敵が全部復活みたいな。
 ま、油断するとすぐ死にますので、しようがないのでレベル上げしてやっています。
 だんだん楽勝になってはきていますが。油断するとこれがまたすぐ死ぬからなぁ.......

 ま、こんなところで以上で締めるとしますかね。
 さて、今日は前線が通過して、代わりにやって来る高気圧の勢力下に入るところが多いようですね。低気圧の影響が残る北海道や、沖縄の方では雨が降ったりするところがあるようですが、他の地域は雲が出つつも晴れるところが多いようで。関東地方も晴れるようで、東京で31/23という予報ですか。
 ま、少し落ち着いた感じになるようですが......

 さて、今日は金曜日ですか。
 結構アチラコチラに出ていたので、今日はゆっくりと家で過ごそうかと思いますが、気が向いたら散髪でも行くかも? ま、遠距離でどこかに出かけるということはないかと思いますけれども。基本的にはのんびり過ごすことになるのではないかと思います。
 来週からはまた仕事ですからねぇ......ま、せいぜい英気を養うことにしましょう。

 ということで以上で。
 また、後日.......



2018/08/16
 さて、昨日は出かけましたかね。
 朝は7時頃に起き出しまして、朝はのんびりと。その後、気が向いたので家を出まして、渋谷の東急ハンズまで出かけまして、カバンを物色していましたかね。で、とりあえず良さげなものを見つけて購入してから、その後用賀に移りまして、行ったことがなかったのもあり、世田谷美術館へ行って展示物を見まして、その後撤収。
 で、帰宅してからはのんびりとやっていましたかね、はい。
 まぁ、割と疲れることができたかと思いますが。

 そして昨日は居住地域は晴れた一日でしたか。
 朝から晴れていて暑かったですねぇ。ただし、昼ごろからは風が結構出ていまして、家なんかにいるときには窓を開けるとそれなりにしのげるようになってきましたか。特に日中、外を歩く時間帯もあったんですけれども。晴れていて暑いのですが、風がある上に日陰にいると比較的しのげるようになってきたなぁ、と実感しましたか。
 夏至からもうすぐ2ヶ月。暑いですが、紫外線は徐々に弱まってきているのでしょうね.....

 で、出かけてきましたが。
 カバンは前に書いたとおりなんですけれども。とりあえず、渋谷のハンズが充実しているので行ってみよう、ということで行ってみたんですけれども。いやぁ、10時頃の渋谷って空いていて良いですねぇ、と。
 で、カバンはとりあえずは見つかりましたかね......まぁ、カバンが見つかるのを前提で基本手ぶらで行ってきまして、カバンを購入時には「そのまま使います」と。とりあえず、今まで探していたなかでは「帯に短し〜」のたとえの如きものばかりだったのですが、ようやく一個だけ、条件を満たしているっぽいものがありまして、それを購入しましたか。
 ま、小さすぎず大きすぎず、という非常に難しい条件のものではあったんですが。
 本でムックサイズが入る程度の大きさ、大きめの折り畳み傘を持っているのでそれがちゃんと入ってまだ多少余るぐらいのもの、という感じであれこれと探しまして、ようやく見つけた感じです。
 これでひとまず、懸案は一個なくなったかな?

 で、その後気も向いたので、これまで行ったことがなかった世田谷美術館へ行ってきましたか。
 渋谷から用賀まで行って、そこからまずタクシーで移動しまして。で、企画展である「没後40年 濱田庄司展」とコレクション展である「東京スケイプ Into the City」を見てきましたが。濱田庄司はあまり知らない人なんですけれども。焼き物ですね......で、個人的に良さそうなものとピンとこないもの、ってのが結構顕著に出ましたか。
 なんというか、以前も国立近代美術館の工芸館でやっていた、茶器の展覧会のときにも思いましたけれども。
 こう、「用の美」ってのがなんか求めているようで。使っているのが今ひとつ想像がつかない、というか、想像してもピンとこないものってのがあったりするわけで、こういう焼き物は。個人的に焼き物についてのベースが備前焼だったりするのですが、こう使われている姿がしっくり来るようなものを求めてしまうのがなんですかね。
 というか、実際にこういう展示って「実際に使っているところ」ってのを想定した展示があっても良いと思うんですけれども、どうでしょうかね。日本の焼き物は使われてなんぼ、だと思うんですが。
 ただ、収穫がないわけでもなく、鉄の「黒」が結構良さそう? というものがいくつかありましたか。その色に反応するとは個人的に思わなかったので、少し自分の中で意外でしたかね。
 そして東京スケイプは面白かったです。
 個人的な趣味の範疇、という感じですので。1930年代から現代までの東京の写真なんですが。楽しく見ることができましたかね。

 ちなみに、この世田谷美術館。
 用賀からバスが出ているんですが、40分に一本でして、行きは駅からタクシーで行きましたけれど(バスが来るまで30分あったので)。帰りはまぁ、バスが出て5分後だったので、これがまた困りましたけれども、結局歩いて用賀駅まで行きましたか。もともと高校大学大学院と8年間ほど使っていた駅ですので、なんとなくの土地勘はあるのでどうとでもなったんですけれども。
 しかし不便ですねぇ。
 で、この暑さで最初は少し歩くのは戸惑ったんですが、まぁいいやと歩きましたが、風がそこそこあったことと日陰がルート上にそこそこあったので助かりましたかね。本当にしのぎやすくなってきたなぁ、と。砧公園はツクツクボウシがよく鳴いていましたし。
 帰りの途上も雲がよく出てきましたし、夏のピークは終わったなぁ、と思いましたか。
 8月も後半ですね。

 ま、こんなところで以上で締めるとしますかね。
 さて、今日は西は台風の影響、北は前線の影響ということで、各地で雨となるところが多いようですね。場所によってはだいぶ降るようですが、関東地方だけは雲が多いものの晴れ間が見えるようで。東京で34/26という予報ですか。
 なんというか、関東だけですか。

 さて、今日は木曜日ですか。
 とりあえず、今日も夏休みです、はい。ひとまず在宅でのんびりやるか、あるいはまた美術館でも行くか、とりあえず考えている状態ですけれども。行ってみたいところもあるので、さてどうしましょうかね。ひとまず、マイペースでやる予定ではあるのですが。朝起きてから行動を決めることにしましょうかね、はい。
 ま、もうすぐ休みも終わりですので。色々と行きたいところには行っておきたいと思いますが.......

 ということで以上で。
 また、後日........




Since 1998/12/24

注意:このページの注意事項(リンク・転載・掲載等)は、[青朱白玄について]にありますので、そちらをご覧ください。

このサイトは、miとMacPro(Late 2013)、FireFoxを使って制作しています。
また、Firefoxで動作を確認しています。

(Access to this page is analyzed by"ASPアクセス解析"